地質・土質調査

ボーリング調査

ボーリング調査とは、ボーリングマシンを用いて地盤を掘削する調査であり、建設工事における設計・施工の地盤情報を得る最も一般的に行われている調査方法です。

その対象は、トンネル、ダム、橋梁基礎などから河川堤防、港湾施設、空港施設などまで、さらに高層ビルなどの建築構造物も含め多岐にわたっています。したがって、ボーリング調査の計画に当たっては、その調査目的を十分に理解して、調査内容、調査位置および調査数量を決定することが必要です。

当社では、地盤調査全体の計画・立案・見積作成からボーリング調査における運搬や仮設、掘削方法の計画・立案まで幅広く行っております。また、創業以来積み重ねてきた経験と実績を備えた技術者が、土質・地質状況に応じたコアリング技術により、リアルなコアサンプリングを実現します。

■土質ボーリング(建築基礎、軟弱地盤他) ■岩盤ボーリング(ダム、トンネル、地震計他) ■傾斜・水平ボーリング(トンネル、地下埋設管他) ■水上ボーリング(海上、河川、湖沼)

原位置試験

原位置試験は、現地(原位置)で直接地盤の性質について調べる試験で、地盤の強度や性質、特性などを把握し、それらを数値化することで建築設計や土木設計の有効な基礎資料となります。

■標準貫入試験  ■孔内水平載荷試験(普通載荷)  ■孔内水平載荷試験(高圧載荷)  
■現場透水試験  ■簡易揚水試験  ■PS検層・密度検層  ■電気検層

サンプリング・土質試験

土質試験は、サンプリングされた試料を用いて設計や施工のために必要な土の性質や土質定数を求めるために実施されます。

土質試験では、原地盤の土を乱れのない状態で採取することが重要になることから、土質・地質性状やその硬軟、混入物などを細かく確認したうえで適切なサンプリング方法を選択する必要があります。

当社では、土質・地質の種類、状態に応じて、シンウォールサンプリング、デニソン(二重管)サンプリング、コアパックサンプリングや三重管サンプリング、軟らかく締まっていない砂質土ではサンドサンプラ-という特殊なサンプリングを行ない、質の良い土質試料を提供しております。

サンプリング・土質試験

サウンディング試験

サウンディングは、抵抗体を地中に貫入させ、地盤の強度・変形を求める試験法で、主に未固結地盤を対象に用いられます。スウェーデン式サウンディング試験は戸建住宅など、小規模構造物の支持力特性を把握する簡易的な地盤調査法として普及しており、弊社でも多くの実績を有しております。

■スウェーデン式サウンディング試験  ■簡易動的コーン貫入試験  ■ポータブルコーン貫入試験

電話をかける